Musician / No.47

物語を紡ぐギタリスト

繊細で郷愁を感じさせるメロディ

Inteview | インタビュー

01職業

ギタリスト 作曲家

02音楽を始めたキッカケ

高校生の時に友達にギターを借りて弾き始めたのが始まりです

03神戸に対する想い

神戸は僕の音楽を育んでくれた大事な場所です

04今後の目標

自分の音と日々向き合っていくのみです

Profile | 平井将人

15歳でギターを手にし、Pat MethenyのCDに衝撃を受けプロを志す。
同志社大学在学中に京都を中心にライブハウス等での活動を始め、さまざまなセッション・コンサート・レコーディングに参加。
Jazzを基調としながらも、Rockやカントリーミュージックのサウンドを取り入れ、ジャンルにとらわれない独特の世界観を持つ音楽には定評がある。
2018年「WAY HOME」を発表。
ジャズライフ誌において「シンプルでスペーシーなギター・サウンドが心を掴んで離さない良質のデビュー作。」と紹介される。

公式PV

こちらの素晴らしいミュージシャンを紹介してくれた
ミュージシャンからのメッセージ

『「なんて純粋な瞳なんだろう」というのが、
初めてお会いした時の印象でした。
ペンギンが大好きというところからも、彼の優しいお人柄が溢れていて、
それがギターの音色にも表れています。
一方とても情熱的な一面もお持ちで、そのギャップにも魅力を感じます。』

関連記事

  1. 田村太一

  2. 藤井拓(ふじいたく)

  3. 居倉 健

  4. 矢野サトシ

  5. SIMO

  6. りーびん